積水(無錫)塑料科技有限公司

稼働状況の見える化で生産性を向上。
DXによるスマート工場の実現で、業務革新を加速。

積水化学工業株式会社の100%子会社として、中国・江蘇省無錫市でガス・水道用の導管に用いるPEEF(ポリエチレン製エレクトロフュージョン)継手を製造する積水(無錫)塑料科技有限公司様。製品は100%日本に輸出され、ガス管や水道管の施工に欠かせない大切な役割を担っている。また近年では、PE(ポリエチレン)の耐震性が広く認知され、需要が急増。求められる製品品種も増えたことから、工場の生産性向上を果たすため、設備の稼働状況を見える化するシステムを構築し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現。生産性の大幅向上を果たすとともに、スマート工場の実現へ大きな一歩を踏み出した。

積水(無錫)塑料科技有限公司

「工場 IoT見える化ソリューション」の導入により課題を解決

導入前の課題

需要増に応えるため生産性の向上が必要だった

主力製品の耐震性能の認知や用途拡大で需要が大幅に増えたため、生産能力を高める必要があった。

生産設備のトラブル状況を正確に把握できなかった

夜間に生産が停止しても、不具合状況の把握は作業員の報告に頼るしかなく、正確な原因が分からなかった。

DX推進による業務効率化が求められた

グループ全体として、人的生産性の向上を目的とした業務の効率化を推進する指針が示されていた。

KDDIが解決!

稼働状況の見える化で
予想の2倍を超える
生産量の伸び率を達成

設備の故障状況が
詳細に分かるようになり
計画的な保守も可能に

生産部門だけでなく
間接部門の効率化にも
大きく貢献

さらに

  • 生産量の進捗がリアルタイムに把握できるようになり、状況に合わせて、きめ細かく生産計画を変更できるようになった
  • KDDIからの追加提案で、オンライン会議システムやスマートグラスなども導入し、幅広く業務効率化が進んでいる

採用の理由と経緯

DX推進による業務革新へ、最適なパートナーであると感じた

同社では、高まる製品需要に応えるため、ITを活用した生産性の向上を検討。とくに作業員任せになっていた夜間の設備稼働状況をリアルタイムに把握できるシステム構築を目指し、パートナーにKDDIを選んだ。その理由について松野氏は「信頼できるパートナーを探す中、中国・蘇州で行われたKDDIのセミナーに参加したところ、製造業におけるIoT、RPAの導入効果について説明を受け、当社の将来ビジョンにぴったりだと感じました。また、担当者が我々の望むシステムを熱心に提案してくれたことも大きな決め手になりました」と経緯を語る。

総経理 General Manager

導入効果

夜間作業の監視効果で、予想を超える生産性向上を実現

生産設備見える化システムを導入したことで、1日あたりの生産量が約1%増加。増え続ける需要に応えられる生産能力を獲得できた。松野氏は「以前は管理者がいない夜間に生産量が落ちる傾向がありましたが、本システムによって設備の稼働状況が可視化されたため、いわゆる監視効果で生産性を向上できました。計画段階では0.3~0.5%程度の増加を見込んでいましたが、予想を上回る成果を達成できました」と言う。

射出成型機を中心とした生産設備

設備のトラブル状況も詳細に分かり、計画的な設備保全が可能に

工場内のほぼすべての生産設備の稼働状況をモニタリングできるようになったことで、故障などトラブルの発生状況も正確に把握できるようになった。松野氏は「メインの射出成型機1台につき、3~4台の周辺設備がありますが、ライン停止時にどの設備のトラブルなのか、追うことができるようになりました。状況に合わせて早期に修繕し生産への影響を回避できるほか、将来的には予防保全にも役立てたいと思います」と言う。

設備の稼働状態をモニターで確認できる

DXを支援するKDDIの総合力が、スマート工場の実現に貢献

今回の生産設備見える化システムは、スマート工場の実現へ向けた第一歩であり、次なる計画も着々と進行している。松野氏は「設備の稼働データと生産計画システムの連携による最適な工程組み立てや、原材料発注・通関手続の自動化、日本のマザー工場との情報共有化を進める予定です。さらに、KDDIからペーパーレス化やオンライン会議システム、スマートグラスなど多様なサービスを提案してもらい、会社全体のデジタル革新が大きく前進しました。今後も協力を得て一層の効率化を進めたいと考えています」と展望を語る。

松野氏とKDDI担当者との打ち合わせの様子

積水(無錫)塑料科技有限公司様の生産設備見える化システムの概要

積水(無錫)塑料科技有限公司様の生産設備見える化システムの概要

担当者からのメッセージ

上海凱迪迪愛通信技術有限公司
蘇州分公司 張 奇峰

長年のIoTの経験、お客さまのニーズに応じた積極的な提案、チームワークにより、システムの構築・保守をワンストップでご提供できました。今後もDX、スマート工場はもちろん、お客さまの課題解決に貢献していきます。

担当者からのメッセージ

お客様プロフィール

積水(無錫)塑料科技有限公司

本社
中華人民共和国 江蘇省無錫市無錫国家高新技術産業開発区82-A番地, 214028
設立
2002年6月

2002年に積水化学工業株式会社と三菱樹脂株式会社の合弁会社として設立し、2012年に三菱樹脂事業移管を受け積水化学工業100%連結子会社化。主にガス・水道管用途のポリエチレン樹脂を用いた被覆ワイヤー方式電気融着式接合継手を製造。電気の発熱で導管を融着・一体化する本製品はライフラインの耐震性向上に不可欠な製品であり、同社では日本国内でシェア約25%を占めている。

積水(無錫)塑料科技有限公司

お問い合わせ

詳しいお問合せは、以下までお願いいたします。