作業分析OTRSソリューション

IE*手法で生産現場における
作業の効率化を実現

ビデオから組み立て作業のボトルネックを見える化。標準作業時間の策定、動画マニュアル、技術伝承を支援

  • *Industrial Engineeringの略。IEは人・機械・モノ・情報を活用し、作業のムリ・ムダ・ムラをなくして生産性を向上させ、企業価値を高めるための手法。

組み立て作業の分析は手間がかかる

作業の分析、標準化、シミュレーション、効果測定といった改善事務をストップウォッチや手作業で行うと、データ分析や帳票作成にかなりの時間をとられてしまいます。

今や多品種少量生産の時代です。一生懸命、改善のための作業マニュアルを作成しても、出来上がった頃には、もう新しい製品の作業分析にとりかからなければならないという状況も起こりえます。

現場の作業改善に必要な機能をワンパッケージ化で提供 OTRS10

様々な機能で現場の作業カイゼンを強力にサポート

OTRS10を使えば、現場で動画を撮影し、映像を取り込む形で、どこにどれぐらいの時間がかかっているのか、ムダな作業がないかなどの作業の分析が可能となります。実際の映像をもとにした標準作業時間の策定もできるので、ムリのない時間設定が可能となります。また、熟練工と新人の2つの作業動画を取り込むことで、作業者ごとの違いがどこで、どれだけ発生しているか見える化ができます。分析結果は、山積み表にして作業負荷を見直したり、動画マニュアルにして、教教育につなげていくことができます。

作業分析/集計

動画を使った作業分析画面です。稼働率やばらつきの見える化を行うことで、作業現場の現状観測をサポートします。

比較再生

分析結果を比較することにより、作業者ごとの違いが“どこに・どれだけ”発生しているかを見える化し 教育・技術伝承をサポートします。

山積み表/標準作業組合せ

分析結果を活用した作業シミュレーション機能です。工程ごとの作業を見直すことで、作業負荷の分散や生産ラインの最適化をサポートします。

マニュアル出力

分析結果から手順書・動画マニュアルを出力します。作成工数を軽減し、教育期間の短縮、現場の変化に対応しやすい組織作りをサポートします。

直観的にわかりやすいインターフェース

シンプルなデザインで、直観的な操作が可能となります。ソフトウェア操作は難しくないため、数時間のトレーニングと利用手順書で十分運用が可能となります。中国で利用する際に必要な中国語のトレーニングなども提供可能となります。

直観的にわかりやすいインターフェース

KDDIなら導入から運用までの支援が可能

中国内20数拠点がサポート

北京、天津、大連、上海、蘇州、常熟、広州、深センなど、KDDIの中国20数拠点が導入から運用保守までサポート可能です。

日系企業様への豊富な実績

建設機械製造、機器製造メーカーなど、幅広い実績があります。

お問い合わせ

価格や製品のお問い合わせはこちらから