8/26(金)蘇州開催「製造IoTソリューションセミナー」ご報告

2016年10月11日

2016年8月26日(金)、製造IoTソリューションセミナーをKDDI上海、シムトップス上海、B-EN-G上海の3社で開催し、多くのお客様にご参加頂きました。

KDDI上海にとっては、3年ぶりのセミナーで、しかも初の蘇州開催ということで参加者が定員に達するか心配しておりましたが、お陰様で多くのお客様に申し込みを頂き、当初の定員数40名の部屋では収容できず、慌てて最大80名の部屋に変更する事となりました。

ご参加頂きましたお客様につきましてはこの場で御礼申し上げます。

以下、セミナーの様子を振り返らせて頂きます。

島津製作所 河村様からは、現場の紙帳票をConMas i-Reporterを使ってペーパーレス化した経緯や実際のペーパーレス化プロジェクトの様子をご紹介頂きました。

製造の間接工数削減を狙い、間接工数の見える化で本ツールを導入しましたが、入力が面倒でかえって間接工数が増える事態になってしまい、帳票の作り方を変えたり、自動入力等の機能を使って最終的には当初の目的達成と共に現場での運用定着を図ることができたとの事です。

お客様の導入事例をお伺いするチャンスはあまりございませんので、貴重なお話を頂けたと思ってございます。

講演1)デジタル入力と手書きを融合させた、iPadペーパーレス 現場帳票ソリューションの紹介

シムトップス上海 細川氏からはデジタル入力と手書きを融合させたiPad 現場電子帳票ソリューション「ConMas i-Reporter」をご紹介頂きました。

ConMas i-Reporterが日本で多くのお客様にご利用頂いていることや日本での導入事例、機能紹介の他、実際に実機を使ってデモを行い、ご参加者の皆様に体験してもらうことでi-Reporterの魅力を改めてご紹介頂きました。

講演2)製造業のIoT活用動向と“つながる工場”はじめの一歩

B-EN-G上海 宮原氏からはIoTの世界観や製造業で注目を集めつつあるインダストリー4.0、中国製造2025などの最新のIoT動向をご紹介頂きました。

IoTで製造業のビジネスが大きく変革を迎える中で、B-EN-G上海からはSIGNAL CHAINという製造設備を管理する最新IoTソリューションのご紹介も頂きました。

最後に、IoTを成功させるポイントは、技術だけではなく、IoTに人とプロセスを加えたEoT(Engineering of Things)が重要であり、POC、クラウドの活用、エンジニアリング力、この3つをポイントとしてご紹介頂きました。

講演3)KDDIのIoTと製造ソリューションの紹介

KDDI上海 守岡氏からはKDDIのIoTと製造ソリューションをご紹介頂きました。

これまでKDDI上海は、データセンターやネットワークなどのITインフラソリューションを中心に提供してまいりましたが、今回、新たに3つのIoTソリューションをご紹介頂きました。特に位置、温度、湿度、衝突などの7個のセンサーが付いたIoTデバイスは非常に面白く、製品の配送状況をトレースするために活用できると思っており、その事例もご紹介頂きました。また、駐在員の奥様に渡して駐在員の行動パターンを監視する場面では会場から笑いも起こりました。

また、AIを活用した分析サービスなど日本の最先端ソリューションも新たにご紹介頂きました。

残念ながら今回ご参加いただけけなかった皆様、ぜひ次の機会にご来場いただけると幸いです。

今回のセミナーを通して、少しでも多くの企業でIoTの検討が進み、製造現場の業務効率化向上やIoTを使った新しいサービスモデルの形成など、お客様のビジネスに貢献できることを心より願い、KDDI上海では引き続き、製造IoTソリューションに関する業務を続けてまいります。

これからもKDDI上海をどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。